仕事ができる人、結果をつくる人の考え方

キャパオーバーは嫌!?それとも、いいこと!?

こんにちは。アロハボート人事担当の福田です。

みなさんは、仕事で急な依頼を振られたとき、どう対応していますか?

わたしは、以前だったら「時間がない!」「なんでこのタイミングにくるの!?」と文句を言いがちでした。

しかし、早坂亜希子社長から教えていただいてることは、「キャパオーバーこそ成長につながる」ということです。

 

昨日はまさに、キャパオーバーだったからこそすべてをこなせたという出来事がありました。

f:id:aloha-boat-hr:20180809070226j:plain

 

思考回路を変えてみることで、驚くようなアイデアが!

 

まず、今までのわたしなら、こうです。

 

まぁまぁ仕事をうまくこなせている、多少余裕がある。

↓↓

急な依頼を受ける。

↓↓

若干のパニック(笑)

失敗がこわくて誰かに助けを求める。



しかし、昨日のわたしの思考回路はこうでした。

 

まぁまぁ仕事をうまくこなせている、多少余裕がある。

↓↓

急な依頼を受ける。

↓↓

よし!キャパオーバーするくらい仕事をもらってみよう!

↓↓

すべての仕事を効率よくすすめられる方法を考えてみる。

↓↓

時間内で終わらせることができないか?とにかく頭をフル回転。

↓↓

結果、すべて完了させる!自分でも驚くようなアイデアが思いつく!

 

自分で仕事完了の時間を決めて、必死で考えると、意外にいつもの半分の時間で完了できたりするんです。

これは、いろいろなプロジェクトやMTGマルチタスクでこなす早坂亜希子社長の仕事に対する姿勢を見て感じたことです。

 

そして常におっしゃっていました。

「キャパオーバー最高!キャパオーバーこそ成長する!」と。

それを間近でみていて、いざ自分も実践することで、本当にキャパオーバーこそが成長につながるんだと感じました。

f:id:aloha-boat-hr:20180809070445j:plain

 

結果をつくる人とそうでない人の違い

大きな結果をつくる人は、ゴールを決めて、それに見合った作業量や行動量はなにかを考えて実行する。

そうでない人は、現状の積み重ねで未来をつくる。

 

1日の仕事のやり方を通じて腑に落ちたことでした。

株式会社アロハボートの仲間も、自ら仕事を取りに行き、どんどんステージアップしてる人が多いです。

社員全員がステージを上げて仕事の幅を広げることが、今後株式会社アロハボートと関わるすべての方への貢献につながると信じて、日々キャパオーバーして成長させていきます。

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

ALOHA 愛にあふれ、命が輝く今日でありますように。