話題沸騰!DA PUMP「U.S.A」のヒットから学ぶ成功の秘訣

なぜ、3年半ぶりの新曲が大ブレイクしたのか

こんにちは。アロハボート人事担当の福田です。

 

最近流行ってるDA PUMPの「U.S.A」という曲、みなさんはもう聞きましたか?

わたしは毎日ヘビロテです(笑)

 

はじめてTVで聞いたときは、「え?これDA PUMPなの?だいぶイメチェンしたな!」と思うだけで、軽くスルーしてました。

 

しかし、現在(2018年7月26日時点)の実績はYouTube総再生回数3,100万回以上をはじめ、数々のランキングに入っています。


約3年半ぶりの新曲でこのブレイクはそうそう起こることではないですよね!

実はこの実績の裏側には、いろんな想いがあったようです。

f:id:aloha-boat-hr:20180928005911j:plain



「楽しむ」が結果を引き寄せる

 

DA PUMPメンバーのISSA氏のインタビュー記事を読んだのですが、楽曲をもらったときはこのような想いを抱いたようです。

「まじか!?」「いまこの曲か~」と。

 

しかし、すぐになにかしらの意図があると受け取り、面白おかしくしようと切り替えたようです。

そのとき大切にしたことは「人を楽しませる前にまず自分たちが楽しむこと」。

 

インタビュー記事にはこうありました。

“人を楽しませる前にまず自分たちが楽しむってことをすれば、結果は後から付いてくると思ったので、とにかく自分たちが楽しくできればと思っていました。実際、こういう盛り上がりは僕らも想像していなかったので。”

 

avex portal コラム,「DA PUMP「U.S.A」誕生の裏側 ISSA「ダサいは褒め言葉」」,

https://avexnet.jp/column/detail.php?id=1000231〉,(2018年7月25日閲覧)

 

先日のブログでも紹介しましたが、まさにとらえ方次第で自分の感情や起こる現象が変わるということを体現していました。



ISSA氏が20年間DA PUMPを続けてきた想い

 

DA PUMPが結成されて、今年の6月でなんと20年経つのだそうです。

メンバーの脱退や新メンバー加入など、さまざまな時期を乗り越えての今回の大ヒット。

新曲リリースまでの3年半の時期も、新しい曲は出さずともステージなどでパフォーマンスを高めることをしてきたとISSA氏は言います。

 

そして、20年間DA PUMPが存続してる理由として選ぶ言葉は、「ほかにできることがないから」。

 

好きなことに打ち込み、努力を20年間継続することは、けっして容易ではないでしょう。ダンスは中学生からとのことなので、30年近く取り組んでいることになります。

 

そんな努力を、さらりと「ほかにできることがない」と話すISSA氏は本当にカッコよく、日本の音楽業界に大きな影響を与えるアーティストのひとりだと感じました。



成功してる方の共通点「自分がまず楽しむ」

f:id:aloha-boat-hr:20180928010940j:plain

ISSA氏のインタビュー記事を読んで、成功していく方には共通点があると感じました。

早坂亜希子社長と一緒に働いていると、このようなことが大切だと感じることが多いです。

 

・チャンスを掴むのも逃すのも、自分のとらえ方次第

・まわりをHAPPYにするには、自分がまず楽しむことが大事!

 

早坂亜希子社長も会社員時代は経営者になるなんてまったく考えてなかったそうです。

さまざまな出会いがきっかけで今があると。

 

目の前の出会いというチャンスを掴むのも逃すのも自分次第ということを、まさに体現しています。

 

また、どんなときもエネルギッシュに楽しく仕事をしている早坂亜希子社長と一緒にいると、真剣に仕事をすることが本当に楽しく、1日1日が充実していて、人生が前向きに好転していく感覚があります。

 

そして、うまくいかない時期も真摯に努力し続ける姿勢。

早坂亜希子社長も、順風満帆でいまがあるわけではなく、たくさんの失敗を経験してきたそうです。

 

うまくいかない時期だからこそ、学ぶことや成長がたくさんある。

そう努力し続けてきたそうです。

 

ISSA氏と早坂亜希子社長、おふたりのエピソードから、人生どこでなにがあるか分からないからこそ、いつも真剣に取り組んでいこうと考えさせられました。

 

わたしも株式会社ALOHA BOATでたくさんの方に貢献できるよう邁進していきます。

 

ALOHA 愛にあふれ、命が輝く今日でありますように。