必見!いち早く恋人をつくる方法part2

カギは「心に新しいスペースをつくる!」

こんにちは。アロハボート人事担当の福田です。

 

以前「必見!稼ぐ人の「お金の使い方」「恋人をつくる努力」で、新しい恋人のつくり方をご紹介しました。

 

そこでご紹介した方法は、「いち早く恋人をつくりたいなら、枕を2つ用意しよう!」でした。

そして今回、新たに早坂亜希子社長から恋人をつくる方法を教えていただきました。それは、「心に新しいスペースをつくる」です。

 

いったいどういうことなのでしょうか。

今回はわたしの友人の体験談をもとにご紹介します。

(※このことをブログに書くのは、友人に承諾済みです)



自分が思ったとおりの現実が起きる

早速本題に入ります。

わたしの友人は数年前に大好きな彼に振られてから、彼氏ができてもすぐに別れてしまうことが多く、最近では「彼氏はいらない」が口癖となっていました。

 

とは言っても、これから素敵なひとと出会えばお付き合いしたいとも言っている彼女。

そこで、どうしたら幸せになれるのか、その友人と一緒に早坂亜希子社長に相談にいきました。



相談ののち、早坂亜希子社長から言われたことは、「傷つきたくないって思っていると、傷つかなくていい現象が起きるよ」でした。

 

「言い換えると、振られる怖さより、意中の人と仲良くなりたいという想いが強ければ、いいなと思う人と仲良くなれる。」

 

つまり、自分が思ったとおりの現実を引き寄せる、と。

自分の想いに正直に行動するか、傷つかないように行動するかを知らずしらずのうちに選んでいたんですね。

 

わたしの友人は、傷つきたくない怖さから、好きな人と向き合わない現実を引き起こしていました。



心のスペースをあける大切さ!

自分が根本的になにを選んでいるかが分かった友人は、次の質問へ。

「では、どうしたら新しい恋愛に進めますか?」

 

「過去の恋愛で傷ついた自分を受け入れて、許してあげる。しっかり自分と向き合って、自分で自分を癒していく。それがとっても大切。」

 

一瞬どういう意味か分からない表情をしていた友人の顔をみて、早坂亜希子社長はわかりやすく伝えてくれました。

 

「物理的にもうひとり入るスペースをつくることを、枕をふたつ用意すると話したけど、心のなかにも新しい人が入るスペースをつくる事が大事。過去の恋愛にとらわれていたら、いつまでも新しい人が入るスペースはないままなんだよね。」

 

わたしの友人はハッとしてました。

傷つきたくない想いが強すぎて、過去のことばっかり気にしていた、と。「傷ついた自分」「傷つけた彼」で心のスペースをたくさん取っていたので、新しい「うれしい自分」「大切な人」のスペースをつくってなかった。そう気づいたそうです。

 

新しい恋愛に進むために変えるところがはっきりした友人は、これからはもっと自分の気持ちに素直になって、より幸せになれそうと言っていました。その表情は、とても明るく何か晴れたような笑顔でした。



わたしは二人のやりとりを見て、早坂亜希子社長は、経営者をはじめ多くの方に影響を与えている実業家、斎藤一人さんのようだと感じました。

 

表面的なところではなく、自分の内面、根本的なところから変えていく。

本当に幸せになってほしいという想いや経験からくる言葉だからこそ、相手に伝わる。

 

目の前の方に常に全力で関わり続ける早坂亜希子社長の周りには、どんどん豊かで幸せな人たちが集まっています。わたしも株式会社ALOHA BOATの一社員として、目の前のお客さま、提携する企業様に全力で関わり、お役に立てるよう精進してまいります。

 

ALOHA 愛にあふれ、命が輝く今日でありますように。